可能な限り痛くない
歯を守る治療を

むし歯治療は痛いだろうな…そう考えて、
むし歯があると分かっていてもそのままにしていませんか?
当院では安心して受診いただけるように、
痛みを軽減するための器材を取り入れ、一層丁寧な施術に取り組んでいます。
また天然の歯の大切さを理解している当院だからこそ、
できるだけ歯を残せる治療を心がけています。

当院が大切にしていること

*

天然の歯を可能な限り残せるように
歯は一度削ってしまったら二度と元に戻らないことをご存知ですか?詰め物や被せ物で治療をしますが、それは元に戻ったこととは違い、反対に削れば削るほど天然の歯は脆くなっていきます。そのむし歯になりやすい生活習慣を改めることなく過ごしていたら、歯の寿命は短くなるばかりです。
そこでむし歯治療で大切なのは、できる限り削らず抜かず、再発を防止することです。当院では、可能な限り天然の歯を残すことを考えた治療を行い、再発予防のための定期メンテナンス、丁寧な指導を行っていきます。

*

痛いから治療がこわい…という方も安心していただけるように
歯医者の治療は「痛い」というイメージがつきものです。それがゆえに、治療を避けている方も多いのではないでしょうか?
当院では、そのような方にも安心して治療を受けていただき、従来の「治療=痛い、こわい」といったイメージも無くせるよう、痛みの軽減に貢献する器材を導入しています。一層丁寧な施術で可能な限り痛くない治療に取り組み、患者様のお身体と心にやさしい歯科医院を目指します。

むし歯について

*

むし歯になってしまう原因は?
どうやって防げばいいの?
「歯質・食事・細菌」の3要素に「時間の経過」が加わることで、虫歯になってしまうと言われています。
菌の塊である歯垢(プラーク)には、虫歯の原因となる細菌(ミュータンス菌)が含まれており、食べ物の糖分やタンパク質を分解して酸を排出します。その排出された酸によって、歯のエナメル質やカルシウム、リンなどの成分が溶かされ虫歯ができるのです。
甘いものをたくさん食べていて歯磨きをあまりしていなくてもむし歯になりにくいという方は、溶け出した歯質を元に戻す働きのある「だ液」の力が強い傾向にあり、もともと持っているお口の細菌量も少ないという性質を持っているのです。
  • 歯質
    むし歯のなりやすさを左右する歯質は、歯の再石灰化を促進するフッ化物配合の歯磨き用品の利用や、食事の際によく噛んで「だ液」の分泌を促進することで、強化できます。
  • 糖分
    食事中・食後は口内が酸性になり、むし歯になりやすい状態になるため、間食は時間を決めたり糖分の少ない物を選ぶなど、バランスのとれた食生活を心がけましょう。
  • 細菌
    歯医者で定期的に菌の塊である歯垢(プラーク)を除去しましょう。むし歯の原因菌の活動を抑制するキシリトールやフッ化物配合の歯磨き用品も活用すると効果的です。
むし歯はこうして進行します
  • 歯の表面にむし歯ができます

    歯の表面にむし歯が
    できます

  • *
  • むし歯が神経に近くなり、冷たいものがしみます

    むし歯が神経に近くなり、
    冷たいものがしみます

  • *
  • 熱いものがしみて、ズキズキ痛みます

    熱いものがしみて、
    ズキズキ痛みます

  • *
  • 神経が死んでしまうと、痛みを感じなくなります

    残念ながら抜歯に

    神経が死んでしまうと、
    痛みを感じなくなります

“痛みがなくなった”からと
放置していると…
むし歯を放置し続けていると、お口だけの病気に留まらず、身体に関わる病気も引き起こしてしまう危険性があります。お口と全身は繋がっており、お口の健康を守ることで身体の健康も守ることに繋がるのです。まずは予防を意識して取り組んでいただき、それでもむし歯になってしまった時には早期に発見・治療を行うことが大切です。定期的に歯科医院へお越しいただき、お口の検診を行いましょう。
ページの先頭へ戻る