オーダーメイド
精密な入れ歯を

話していると入れ歯が落ちそうになる…、硬いものを噛むと痛んだりズレて噛み辛い…、
そのようなお悩みを抱えて不快な入れ歯を我慢して使っていませんか?
当院では、長く安心してお使いいただける患者様一人ひとりに合ったオーダーメイドの精密義歯を提供します。

丁寧なカウンセリングで
最適な入れ歯をご提案

*

まずは現状とご要望を伺います
「初めて入れ歯を作るから不安」「今、使用している入れ歯に不満がある」「もっと自分に合う入れ歯を作りたい」など、入れ歯に対するご要望や現状抱えているお悩みなどをしっかり丁寧に伺っていきます。その後、お口の状態を確認した上で、プランをご提案いたします。
当院で扱う素材の説明から、それぞれのメリット・デメリットもしっかり説明いたしますので、患者様ご自身で納得のいく素材をお選びいただけます。

入れ歯(義歯)の種類

  • 部分入れ歯

    歯を部分的に失ってしまった場合に使用します。
    歯の代わりとなる人工歯、歯茎を補う床(しょう=歯茎となる部分)、そしてこれらを残っている歯に固定するクラスプ(金属の留め具)から構成されています。

    保険診療の場合クラスプ(留め具)は金属のみ 自由診療の場合クラスプが無いものなどの選択が可能
  • 総入れ歯

    すべての歯、または大部分の歯を失ってしまった場合に使用します。歯の代わりとなる人工歯、歯茎の代わりとなる床(しょう=歯茎となる部分)から構成され、粘膜の吸着力を利用して口腔内に維持させます。

    保険診療の場合人工歯と床はプラスチック 自由診療の場合金属床など様々な素材の選択が可能
  • 保険診療の入れ歯
    保険診療においては、人工歯と床(しょう=歯茎となる部分)の素材が樹脂(プラスチック、レジン)のみに限られています。
    部分入れ歯で必要なクラスプ(金属の留め具)の材質も金属のみとなりますので、入れ歯の場所によっては気付かれやすくなります。
    総入れ歯の床はプラスチックとなり、耐久性の問題から一定の厚みが必要で、その厚さが原因で装着時の違和感や、食べ物の温度も感じにくくなることがあります。
    メリット
    • 保険診療のため、費用を抑えられる。
    • 破損した場合も、比較的修理が容易で安心。
    デメリット
    • 長期間使用していると変色やすり減りが起こりやすい。
    • 床の厚みが装着時の違和感につながってしまう。
    • 食事の味や温度が伝わりにくい。
    • 臭いや汚れを吸着しやすい。
  • 自由診療(自費診療)の入れ歯
    自由診療(自費診療)では、自由にご要望に合わせた素材をお選びいただけます。臭いがつきにくい素材、クラスプ(金属の留め具)が必要無い素材、丈夫で生体親和性の良い金属素材など、使い勝手の良さや審美性も追求でき、保険診療の入れ歯のデメリットを解消することができます。
    また床やクラスプだけでなく、人工歯の素材もお選びいただけるので、より天然歯に近く自然な見た目を再現することができます。
    自費診療でしかできない、審美性・機能性にこだわったオーダーメイドの精密な入れ歯を提供します。
    メリット
    • 柔らかな材質や薄い金属の素材も選択可能なため、ほとんど装着時の違和感がない。
    • クラスプ(金属の留め具)が無い入れ歯の選択で、見た目も良く、金属アレルギーの心配も無くなる。
    • より自然の歯に近い見た目や機能性が期待できる。
    デメリット
    • 自由診療のため、比較的費用の負担が大きい。
当院おすすめの入れ歯
  • *
    金属床義歯
    歯肉に触れる部分の素材が金属で作られている入れ歯です。
    保険診療での樹脂の床部分を3分の1程まで薄くすることができるので、装着時に違和感を感じることもほとんどありません。また、金属のため耐久性にも優れ、熱が伝わりやすいので食べ物の温度も感じやすく、より美味しく楽しく食事ができます。
  • *
    ノンクラスプデンチャー
    従来のような金属の留め具(クラスプ)が無い入れ歯です。
    歯を固定する部分と床が柔らかい素材でできているため、残っている健康な歯を傷つける心配がありません。また色も歯肉に近く馴染むため、周囲から入れ歯を装着していることが気付かれにくい自然な見た目になります。
  • *
    コーヌス義歯
    残っている歯を土台として金属の内冠を被せ、入れ歯の内側には内冠に合わせた外冠をつくります。入れ歯を内冠に被せるとフタのようにピッタリはまり、金属の留め具がなくてもしっかり固定されます。外から見える部分に金属部が出ないため、入れ歯をしていることに気付かれにくいです。
  • *
    マグネットデンチャー
    残っている自分の歯に磁性金属を埋め込み、入れ歯側に超小型磁石を取り付け、磁力により入れ歯を固定させます。クラスプ(留め具)が不要で、かつ接続部の金属と磁石は外から見えないため、自然な見た目で、周囲の歯への負担も一切ありません。安定性に優れながら、装着・取り外しも簡単に行えます。
  • *
    インプラントオーバーデンチャー
    2〜4本程度のインプラントをあごの骨に土台として埋め込み、そこに取り外し式の入れ歯をつける方法です。 浮き上がることなく、土台としっかり固定されます。
    痛みや、ずれ、外れ、ガタガタして食事がしにくいなどのお悩みのある方におすすめです。

入れ歯のメンテナンス

*

長持ちするよう定期的なメンテナンスを!
オーダーメイドで作った入れ歯であっても、歯科医院での定期的なクリーニングや、日頃の清掃を怠ると汚れが溜まっていき、土台の歯が歯周病になって抜け、最悪の場合は入れ歯を作り直さなくてはいけないこともあります。また汚れが口臭の原因にもなります。
大切な入れ歯をできるだけ長く使用するためにも、お手入れを毎日行い清潔にしていただくだけでなく、毎日の歯磨きに加え、定期的な歯科医院でのお口のクリーニングや検診を受け、ご自身のお口の健康も維持しましょう。
ページの先頭へ戻る