口腔あご、その周りの
トラブルも解決します

口腔外科とは、むし歯や歯周病とは異なる症状・疾患(病気)に対する外科的な歯科治療です。
「顎関節症であごがガクガクする」「口内炎が痛い」「親知らずが痛い、気になる」「事故や転倒によるお口の怪我」などが
主な口腔外科治療として上げられます。

口腔外科で治療する主な症状

  • 埋伏歯(親知らず)
    埋まっているものや、斜めに生えてしまっている親知らずが痛む。または周囲の歯肉が腫れて痛い。
  • 良性腫瘍
    お口の粘膜や歯茎、あごの骨などに腫瘍(できもの)がある。また、その腫瘍に痛みや刺激を感じる。
  • 顎関節症
    口を大きく開けるとカクカクと関節の音が鳴る。あごを動かすと痛い。
  • 外傷
    転倒して口の中を切った。
    歯をぶつけてグラグラしている、もしくは歯が抜けた。
  • 口腔粘膜疾患(口内炎)
    口の中に触れると、痛みのある小さな潰瘍がある。口の中の粘膜が赤くただれている。
  • 舌痛症
    舌や歯肉に明らかな炎症や潰瘍などはないが、舌がヒリヒリと焼けるように痛く、しびれて辛い。
上記以外にも様々なお口の疾患に
対応いたします。
お気軽にご相談ください。

親知らず

*

親知らずに関するお悩みはありませんか?
あごが小さい現代人は、親知らずがあっても生える場所が確保されにくく、正しい位置に生えないことが多いです。それが原因で、親知らずが横向きに生えたり、前方に傾いてしまったり、歯の一部分だけしか出てこなかったりと、問題が生じることがあります。
また埋伏歯(まいふくし)と言われる、親知らずが骨や歯肉の中に埋まったまま萌出しないこともあります。その状態だと周囲の歯が圧迫されて歯並びが乱れたり、隙間にむし歯ができやすくなったり、そこから細菌が侵入することで歯茎が化膿してしまったりと、トラブルを抱えやすい傾向になります。

*

親知らずは絶対に抜かなければならないの?
親知らずは全てにおいて抜歯が必要ということはなく、正常に真っ直ぐに生え、かみ合わせにも問題がない場合は、急いで抜く必要はありません。
しかし、今痛みが無い場合でも、親知らずの向きや位置によっては、少しずつ手前の歯を圧迫して歯並びを乱すこともあります。そのまま悪化すると腫れてかなり激しい痛みを感じたり、最悪の場合は腫れによって口が開けられない、飲み込もうとすると痛みが生じるなど、日常生活に支障をきたす場合もあります。
一度調べてみたい方や、気になる症状がある方は、できるだけ早めに相談されることをおすすめします。

顎関節症

*

顎関節症になる原因とは
スマホを見ている時にずっと下を向いていませんか?また長時間のパソコン作業やゲームに集中している時などの悪い姿勢や、頬づえ・歯ぎしりの癖、1日中ガムを噛んでいるなど…それらは必要以上にあごに負担をかけてしまい、顎関節症の一因になることがあります。
また歯並びやかみ合わせが悪いケースなども、様々な要因が複数重なり、顎関節症のきっかけになると考えられています。
思い当たる方は注意が必要!
顎関節症の症状チェック
  • 物を噛むと、こめかみや耳の付け根が痛む

  • 口を開けようとしたら、突然開かなくなった

  • 口を大きく開けても、指が縦に3本入らない

  • 口を開閉すると「ガクン」と音がする

  • 食べ物を噛んでいるとあごがだるくなる

  • あごが外れることがある

一つでも当てはまる方は、
ぜひ一度歯科医院へお越しください!

口内炎や口の中のできもの

*

なかなか治らない症状があれば、早めに受診しましょう
お口の中の粘膜や歯茎のできものといえば、一般的に口内炎であることが多いですが、できものに痛みも無くだんだんと大きくなっていくような場合は、良性腫瘍やがんの可能性も考えられます。
2週間以上治らない、どんどんひどくなるといった症状があれば早めに受診してください。
  • 口内炎
    尖った被せ物や詰め物、合わない入れ歯などが口内に当たってこすれ傷をつくるなど、慢性的な刺激が原因で潰瘍(かいよう)=できものになることがあります。潰瘍は平たく黄色や灰白色の膜で覆われており、強い痛みを感じることは少ないです。
    歯医者にて尖った歯を丸めたり、入れ歯の修理・調整などを行えば、1〜2週間程で治ることが多いです。
  • 口腔がん
    口の中にできる悪性腫瘍を口腔がんと言います。胃がんや肺がんとは違って、目で直接見ることができるため、注意をしていれば自分で発見することもできます。
    ただし、口内炎や潰瘍と見た目が似ており、その他の潰瘍と比べても痛みも少ないため、口腔がんだということに気が付かない場合もあります。「2週間以上治らない口内炎がある…」という方は要注意です。早めに受診するようにしましょう。
ページの先頭へ戻る