歯を削らずに
白く美しい歯を手に入れる

ホワイトニングは、歯に蓄積されてしまった着色を歯を削ることなく
専用のジェルによって漂白する審美歯科治療です。
当院では、ご自宅で行えるホームホワイトニングを取り扱っており、
ご希望の効果(白さ)を選択していただけるよう
多数のジェルをご用意していますので、
一人ひとりの理想の白さにより近付いた治療が可能です。

安全で確実な効果を得るために

安全で効果的な施術!安心の術前検査!

施術の前には必ずお口の中を診査します
海部郡の歯医者 あまファースト歯科では、安全で確実にホワイトニングの効果を得ることができるように、 施術の前にお口の中を診査しています。
むし歯や歯周病を発見した場合にはまず治療を行い、ホワイトニングの効果を充分発揮させるために歯のクリーニング・清掃を行って余分な汚れを除去し、お口の中を健康な状態に整えておきます。

ホームホワイトニング

*

ご自宅にて自分のペースで行えるホワイトニング
ホームホワイトニングは、ご自宅で患者様ご自身にて行っていただく方法です。
初めに一人ひとりの歯列に合わせた専用のカスタムトレー(マウスピース)を作製するため、歯科医院にお越しいただきます。その後、作製したトレーとホームホワイトニングキットをご自宅へ持ち帰り医院での指導内容に従ってご自身のペースで施術を行っていただきます。毎日2時間の使用を約2週間続けることで良好な結果をもたらします。
当院では、患者様のご希望の白さを実現できるように、漂白濃度が異なる種類のジェルを多数ご用意し、一人ひとりに適したジェルを選択しています。
ホームホワイトニングの流れ
  • 治療前の歯の色をチェックします

    治療前の歯の色を
    チェックします

  • *
  • 専用のカスタムトレーを歯科医院にて作製します

    専用のカスタムトレーを
    歯科医院にて作製します

  • *
  • 歯のクリーニングと自宅での使用法を説明します

    歯のクリーニングと
    自宅での使用法を説明します

  • *
  • 自宅でトレー・ジェルを用いて施術します

    自宅でトレー・ジェルを
    用いて施術します

ホームホワイトニングは
こんな方におすすめです

  • 歯の黄ばみや変色を、削らずにキレイにしたい方

  • 継続して歯科医院にご来院いただき施術を受けることが難しい方(準備のためのご来院は必要です)

  • ご自宅で手軽にホワイトニングをしてみたい方

よくあるご質問

  • 歯の変色はなぜ起こるのでしょうか?
    濃い色素の飲食物(赤ワイン、コーヒー、紅茶、カレー、チョコレートなど)を摂取することによっての着色、テトラサイクリン系(抗生物質)による着色、加齢による歯の黄ばみなどが原因とされます。また、歯の神経が死んでしまった際にも変色が起こります。
  • 使用する薬剤による人体への影響はありますか?
    過酸化水素という薬剤でできているホワイトニングジェルのベースは、安全な薬剤としてFDA (米国食品医薬品局)に認可されていますので、体への害は心配ありません。
  • ホワイトニングは誰でも行うことができますか?
    妊娠中・授乳中の方、無カタラーゼ症(高原氏病)の方はホワイトニングを行えません。
    該当しない方であっても、お身体やお口の状態を確認し安全にホワイトニングを行えるかを、事前の問診・カウンセリングで判断します。矯正治療中の方、むし歯や歯周病がある方は、その治療が完了してから行うことをおすすめしています。
    また、神経の無い歯は「着色」が原因では無いため、ホワイトニング(歯面漂白)では白くすることができません。
  • 効果はどのくらいの期間保てますか?
    ご自宅でのケアにより違いはありますが、おおよそは数ヶ月から数年は効果が持続します。
    またホワイトニングの美しさを保つために、治療後も歯科医院にて、半年に一度程度のメンテナンスを受けることが理想です。
    他にも、ご自宅でメンテナンス用の歯みがき剤を使用することなどによって、効果的に白さを保つことができます。
  • 治療後の白さはどのくらいでしょうか?
    治療前の歯の色が個々によって異なるため、個人差があります。
    通常は治療前の歯の色から、歯の色見本の二段階分程度は白くできます。当院では漂白濃度(白くする強さ)が異なる種類のジェルを多数ご用意していますので、お気軽にご相談、お問い合わせください。
  • 治療中の飲食物に制限はありますか?
    ホワイトニングの施術直後は、歯が外部からの影響を受けやすいため、着色されやすい状態になります。
    そのため、ホワイトニングをしてから12時間~24時間以内は、喫煙や着色しやすい飲食(赤ワイン、コーヒー、紅茶、カレー、チョコレートなど)をできるだけ避けていただくと良いです。
ページの先頭へ戻る