マイナス1歳からの
むし歯予防

妊婦さんが歯周病にかかっていると、
早産・流産・低体重児などのリスクが上がるという報告があります。
また周囲の大人の口腔環境が悪いと、お子様のむし歯リスクも上がってしまい、
生涯の口腔環境に深く影響します。
これらは、妊娠中や出産前からのお口のケアで防ぐことができるので、
安全な出産とお子様の健康のために、お口のケアに取り組みましょう。

生まれてくる赤ちゃんを
むし歯菌から守りましょう

*

妊娠中や出産前も、お母様のお口を健康に保ちましょう
生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には、むし歯菌は存在しません。
むし歯は感染症であり、お母様や周囲の方の唾液を介して感染することで、むし歯ができてしまいます。特に、生後間もなくと、乳歯が生えてくる頃〜生え揃う3歳頃までの注意が必要です。
お子様にむし歯菌を移してしまうことがないように、お母様をはじめ、周囲の方のお口の中の状態をきれいに、健康に保ちましょう。

*

お母様にむし歯があると、お子様のむし歯リスクも高くなります
「母親にむし歯がある子ども」と「母親にむし歯がない子ども」を比較すると(グラフは2歳の段階です)、母親にむし歯がある子どもの方がむし歯になる確率が圧倒的に高いことがわかります。そして、小さいうちにむし歯にかかってしまうと、大人になってもむし歯になりやすいお口になってしまうのです。
母体の健康・栄養が胎児に影響するように、お口の中の状態も生まれてくるお子様へ影響を及ぼします。お母様の健康のためにも、お子様がむし歯菌に感染しないためにも、生まれる前=マイナス1歳からのむし歯予防に取り組みましょう。
こまめなケアで
お口のトラブルを予防
care1 朝起きたらまずは歯磨き
就寝中は唾液の分泌量が減り、細菌が繁殖しやすい状態になります。増えてしまった細菌を除去するためにも、起床後はうがいや歯磨きで、むし歯や口臭を予防しましょう。
ももちろん、起床後に限らず、就寝前や食後の歯磨きもしっかり行いましょう。
care2 こまめなうがいで予防ケア
歯磨きができないほどつわりが辛い時期もあります。そのような時は無理をせずに、こまめなうがいでお口の中を清潔に保つようにしましょう。フッ素入りの洗口剤を使うことでうがいの効果が上がります。つわりが安定したら、通常の歯磨きを心がけましょう。

妊娠中になりやすいお口の病気

  • 妊娠性歯肉炎
    妊娠初期は急激にホルモンバランスが変化するため、歯茎の出血や腫れが生じやすくなります。この妊娠性歯肉炎は痛みを感じにくく、気が付くのが遅れることもあるため、症状が悪化してしまうことも多いです。
  • 妊娠性エプーリス
    コブのように歯茎が大きく膨らむ症状で、こちらも妊娠によるホルモン増加によって起こります。
    ほとんどが良性で自然になくなりますが、気になる場合はお気軽にご相談ください。
  • むし歯・歯周病
    つわりが辛いために歯磨きがしっかりできなかったり、嘔吐による胃酸で歯の表面が弱まり汚れが付着しやすい状態になったりと、普段よりもむし歯や歯周病になりやすいと言えます。

妊娠中の治療に望ましい時期

*

妊娠中の治療は安定期(妊娠中期)が最適です
妊娠がわかったら、生まれてくるお子様とお母様ご自身のためにも、歯科検診を受けるようにしましょう。お腹が大きくなる妊娠後期では、診療チェアに横たわることも辛くなります。また出産後は子育てで時間がとれずに、治療のタイミングを逃すことも多いです。
「今は痛みが無いから大丈夫」と安心せず、お口の中のチェックをするために歯科医院に行きましょう。むし歯や歯周病の治療、お口のクリーニングは、安定期である妊娠中期に受けるのがベストです。
  • 妊娠初期
    4ヶ月(15週)まで

    妊娠4〜8週は特に慎重な診療のため、診査、治療計画、歯磨き(ブラッシング)指導までにとどめます。歯の痛みや歯茎の腫れなどの急性症状がある場合には応急処置を行いますが、適切な治療は安定期に入ってから行うようにしています。

  • 妊娠中期
    5〜7ヶ月(16〜27週)

    「安定期」とも呼ばれる妊娠中期は、胎児が胎盤により安定します。
    この時期は、胎児や母体への影響を考慮しながら、通常の治療、投薬、レントゲン撮影など、様々な検査や治療が可能になります。
    妊娠初期に発見された症状も、比較的安定しているこの時期に治療を行います。

    治療に最適
  • 妊娠後期
    8ヶ月(28週)以降

    妊娠後期は早産などのリスクを回避するためにも、応急処置までにとどめます。
    またお腹も大きくなるため、仰向けでの受診も辛くなる時期です。
    治療が必要な症状が発見された場合には、出産後にあらためて治療を再開するようにしています。

受診時のお願い

*

来院時には母子手帳のご提示をお願いします
産婦人科の担当医から注意を受けていること、その他に持病、既往症などがあれば、必ず治療の前に歯科医師やスタッフにお伝えください。
また、できるだけ楽な姿勢で診療を受けていただけるように配慮いたしますが、体調が悪くなったり気分が優れない場合は無理をせず、すぐに近くのスタッフまでお声掛けください。

よくあるご質問

  • レントゲン撮影は胎児に影響しますか?
    歯科治療でのX線は、お腹から距離があるお口に焦点が絞られます。撮影する面積も狭いため、医科用のX線より大幅に被曝線量を抑えることができます。またX線を遮断するための防護用エプロンを撮影時に必ず着用していただくため、胎児はもちろん、母体であるお母様の身体への影響もかなり少ないと言えます。
  • 治療時の麻酔は胎児に影響しますか?
    歯科治療では局所麻酔という部分的な麻酔を行います。通常量の使用では、心配するような影響は母子ともにありません。
    麻酔の使用を避けるために痛みを我慢するストレスの方が問題になることもありますので、治療中に痛みを感じる場合はすぐにご相談ください。
  • 妊娠中に処方された薬は、服用しても大丈夫ですか?
    基本的に当院では、妊婦さんへの処方は控えるようにしています。どうしても処方が必要になった際には、妊娠の時期や体調などに適した安全性が高いと認められるお薬を選んでいますので、ご安心ください。
  • 授乳中の歯科治療は、母乳に影響しますか?
    通常の歯科治療やレントゲン撮影、麻酔治療が母乳に影響を及ぼすことはほぼありませんが、心配される方は、麻酔後や服薬後は5時間ほど時間をあけることで薬が体外へ排出されますので、その後に授乳していただくと良いでしょう。
ページの先頭へ戻る